FC2ブログ

記事一覧

◆メンエスで鍛えた逆マッサージ技術を発揮して街角美女を陥した夜(御徒町)

 エステ情報とは無関係ですので、ご興味ない方はスルーしてください。ただの自慢話です。某日、上野での仕事が済み、エステ仲間から紹介されたサロンに電話するも入れず、所在無げに御徒町駅北口に立ち尽くしていたときのことです。雑踏の中に一人の女性の姿を見つけました。しばらく目で追いました。なぜ注目したのか、自分でもよく分かりません。プロポーションやルックスが飛び抜けていたわけではないんです。「小柄で、スレン...

続きを読む

◆仲良しだったセラピさんから、優しい言葉ながらNG宣告を受けたとき(麻布十番)

「もう昨日みたいな事は昨日で最後にしますね。今までお店に来てくれてありがとう。感謝です、本当に!!」セラピさんから届いたLINEメッセージです。言い方は優しいですが、これは明確なNG宣告です。もう来ないで」という内容です。店からの伝達ではなく自分から伝える。傷つけまいと、優しい表現にして、恨まれて軋轢が残ることを避けたのでしょう。知的で聡明な子でした。「昨日みたいなこと」とは、セラピさんが上半身肌色に...

続きを読む

×美形のセラピストさんから思わぬ暴言を吐かれ、落ち込んでしまいました。

「無理。気持ち悪い。生理的に受け付けない」 女の子からこんな言葉を言われたのは生まれて初めてでした。しかも90分1万7千円もの大金を払った相手からです。 初めての子でした。エロそうな雰囲気はあり、序盤から探りを入れると「私は相手次第」との発言があったので、期待を持ち、後半から攻めに転じるとまさかの完全拒絶。 膝小僧を人差し指で突っついただけで「そういうの嫌だから」 「どうして?」と聞くと「正直に言ってい...

続きを読む

◎「どこまで寛容ですか?」という馬鹿な質問への答えが「やってみればいいじゃん」だったとき(恵比寿)

「とりあえずやってみて。ダメならダメと言うから」 こういう答えは初めてでした。「どこまで寛容ですか?」という馬鹿な質問に対する返答でした。 もちろんいつもはそんなこと聞きません。手探りで確かめることこそが愉しみにほかならないからです。しかしこのセラピさんの場合は、厳格さと艶めかしさの両方が醸しでているタイプで、センサーを働かせてもタイプが判然とせず、馬鹿な質問となったわけです。 「とりあえ...

続きを読む

プロフィール

nappet

名前:
ご訪問ありがとうございます。有益な情報提供を目指しています。すべてオリジナルです。

FC2カウンター